お知らせ

【有給休暇】

「有給休暇を取りたいと上司に言ったら、しつこく理由を聞かれて困った」
「病院に行きたいから申請したのだけど、個人の繊細な部分だから言いたくないのに・・・」
「パートさんは有休取れないよ、と言われたけど、そうなのだろうか?」

有給休暇は、6ヶ月以上働いて、そのうち8割以上勤務したら発生します(労働基準法39条)。
有給休暇は希望する日に取ることができ、理由を言う必要はありません。
パートやアルバイトなど、どのような雇用形態でも、有給休暇は取ることができます(労働基準法39条③)。

労働法制や労働事件に関する学習会、講演活動を行っております。
加えて、戦争法(安保法制)や平和についての学習会、講演活動も行っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
(事務局)
お問合せ先~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
六本松総合法律事務所 弁護士井下顕(いのしたあきら) 
〒810-0044 福岡市中央区六本松3-11-41えいりんビル3階(☎092-739-7300)

【最低賃金ってご存知ですか?】

最低賃金とは、最低限支払わなければならない賃金の下限額のことです。
2016年度の福岡県の最低賃金は、1時間765円です(2016年10月1日改定)。
地域別最低賃金は、最高は東京の932円、最低は宮崎、沖縄の2県で714円です。
地域間格差は昨年よりさらに広がり、218円に拡大しました。

上記にも記載したように、最低賃金は全国一律ではありません。
例えば、全国チェーンの店舗で働く労働者の賃金は、同じ仕事にもかかわらず、働く地域によって差がある、ということになります。
最低賃金が全国一律でないことは、現行制度の重大な欠点の一つに挙げられます。
県ごとの格差が広がりかねず、より賃金のよいところに人が流れ、地方は疲弊してしまいます。

皆さんの時給が最低賃金を下回っていた場合、最低賃金法違反になります。

労働法制や労働事件に関する学習会、講演活動を行っております。
加えて、戦争法(安保法制)や平和についての学習会、講演活動も行っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
(事務局)
お問合せ先~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
六本松総合法律事務所 弁護士井下顕(いのしたあきら) 
〒810-0044 福岡市中央区六本松3-11-41えいりんビル3階(☎092-739-7300)

【残業代が出ないんです】

労働者が時間外に働いた分、残業代をもらうのは当然の権利です。
(当事務所のホームページより http://www.ropponmatsu-law.com/gyomu)

労働時間は、1日8時間、週40時間以下、休日は週1回以上が原則です(労働基準法32条)。
これは、全ての労働者に適用されます。

5月1日に行われるメーデーは、「仕事に8時間を、休息に8時間を、俺たちがやりたいことに8時間を!」をスローガンに掲げ、ストライキに立ち上がったことから始まった「労働者の日」と、以前ご紹介しました。
8時間労働制は、人間の生活リズムに照らし合わせてのものでもあります。
それ以上働かせる場合には、使用者は労働者と特別の手続が必要ですし(36協定)、残業代を支払わなければなりません。
残業代はきちんともらうべきものです、しっかりと請求しましょう。

労働法制や労働事件に関する学習会、講演活動を行っております。
加えて、戦争法(安保法制)や平和についての学習会、講演活動も行っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
(事務局)
お問合せ先~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
六本松総合法律事務所 弁護士井下顕(いのしたあきら) 
〒810-0044 福岡市中央区六本松3-11-41えいりんビル3階(☎092-739-7300)

【解雇は簡単にはできません!】

「経営が苦しいので、誰かに辞めてもらわなくてはならない」
こう経営者から言われた時、「辞めるのも仕方ないんだろうか・・・」と思っていませんか?

そんなことはありません!
「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効」となります。
(当事務所のホームページより http://www.ropponmatsu-law.com/gyomu)

労災休業中や産休中の解雇はできません。
有期雇用であっても、契約更新が繰り返されていれば、「客観的に合理的な理由」がなければ、解雇は無効となります。

冒頭のような、会社が経営難で整理解雇をする場合にも、4つの要件があります。
①高度の経営危機
②解雇を回避するための相当な努力
③人選基準が合理的である
④解雇の必要性について、労働者や労働組合に説明する努力

一人で悩まずに、ご相談下さい。

労働法制や労働事件に関する学習会、講演活動を行っております。
加えて、戦争法(安保法制)や平和についての学習会、講演活動も行っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
(事務局)
お問合せ先~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
六本松総合法律事務所 弁護士井下顕(いのしたあきら) 
〒810-0044 福岡市中央区六本松3-11-41えいりんビル3階(☎092-739-7300)

【労働(雇用)契約書、手元にありますか?】

希望の仕事を見つけ、就職が決まると、あなたと会社とで契約書を交わします。
「このような仕事内容です」
「あなたの待遇(賃金や契約期間など)は、このようになっています」
ということを、労働者(あなた)と使用者(会社)とで確認しあうものです。

もし口頭での契約でしかなければ、
「きちんと書面で契約書がほしいんだけどなぁ・・・」
「口約束だけじゃ、時間が経つと何を話したのか忘れてしまうのに・・・」
と、不安になるのではないかと思います。
また、話と違う仕事内容や待遇だった時にも、会社との話を証明できる資料がなければ、あなたの話が聞き入れられないかもしれません。

労働(雇用)契約書を作成し、労働者に交付することは、義務づけられています(労働基準法15条、同施行規則5条)。
就職前に労働条件を確認するためにも、後々のトラブルを回避するためにも、書面の交付を求めることを、おすすめいたします。

労働法制や労働事件に関する学習会、講演活動を行っております。
加えて、戦争法(安保法制)や平和についての学習会、講演活動も行っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
(事務局)
お問合せ先~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
六本松総合法律事務所 弁護士井下顕(いのしたあきら) 
〒810-0044 福岡市中央区六本松3-11-41えいりんビル3階(☎092-739-7300)

【2017 弥生】

終業後に事務所を出る17時台、まだ明るい空に、心が弾みます。
春間近だと感じます。

進学、就職、引っ越しなど、新しい環境に身を置く方も多いでしょう。
学校を卒業し、社会人となる方も多いことと思います。
社会人となり初めて働いた会社で体験したことは、その後の社会人生活の基本となると思います。

昨年掲載した雇用にまつわる記事を、明日から再掲いたします。
ご覧下さい。
(事務局)
sakura1 

【2017 如月】

2月4日は立春です。
暦の上では春が来る、とはいえ、まだまだ寒い日が続いています。

首、手首、足首は皮膚が薄く、この「3つの首」を温めると、皮膚の下を流れる血液も温まり、その血が流れることで体が温められると、西洋医学では考えられています。
意識してみると、感じる寒さが変わるかもしれません。

インフルエンザも流行っています。
暖かくして、休養も取って、ご自愛下さい。
(事務局)
桃

【2017 睦月】

あけましておめでとうございます
旧年中は格別のご厚情にあずかり、心より御礼申し上げます。
本年も相変わらず、よろしくお願い申し上げます。

平成二十九年 元旦
%e9%b3%a5%e2%91%a2

【過労死等防止対策推進シンポジウム】本日です!

日時:2014年12月3日(土)13:00~15:40(受付12:30~)
場所:福岡商工会議所4階402~405号室(福岡市博多区博多駅前2-9-28)
参加無料

「過労死等防止対策推進法」が2014年11月1日より施行され、毎年11月は「過労死等防止啓発月間」となりました。

今も過労死、過労自殺のニュースをテレビで目にします。
先日の大手広告代理店で働く女性の過労自殺のニュースは、記憶に新しいことと思います。
当事者は、決して特別な人ではなく、私たちと同じ「仕事をがんばってきたごく普通の人」です。
過労死は、特別なものではなく、誰にでも起こりうるものなのです。
そして、起こらなくてもよいものなのです。

過労死ゼロの社会を作るために、安心して働ける社会を作るために、 私たちにできることはあるはずです。
「このシンポジウムに参加してみる」という一歩から、始めてみませんか。

参加無料となっております。お気軽にお越し下さい。

主催:厚生労働省
後援:福岡県
協力:過労死等防止対策推進全国センター、全国過労死を考える家族の会、過労死弁護団全国連絡会議
%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a1%a8%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a3%8f

【過労死等防止対策推進シンポジウム】

日時:2014年12月3日(土)13:00~15:40(受付12:30~)
場所:福岡商工会議所4階402~405号室(福岡市博多区博多駅前2-9-28)
参加無料

「過労死等防止対策推進法」が2014年11月1日より施行され、毎年11月は「過労死等防止啓発月間」となりました。

今も過労死、過労自殺のニュースをテレビで目にします。
先日の大手広告代理店で働く女性の過労自殺のニュースは、記憶に新しいことと思います。
当事者は、決して特別な人ではなく、私たちと同じ「仕事をがんばってきたごく普通の人」です。
過労死は、特別なものではなく、誰にでも起こりうるものなのです。
そして、起こらなくてもよいものなのです。

過労死ゼロの社会を作るために、安心して働ける社会を作るために、 私たちにできることはあるはずです。
「このシンポジウムに参加してみる」という一歩から、始めてみませんか。

参加無料となっております。お気軽にお越し下さい。

主催:厚生労働省
後援:福岡県
協力:過労死等防止対策推進全国センター、全国過労死を考える家族の会、過労死弁護団全国連絡会議
%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a1%a8%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a3%8f

まずはお気軽にご相談ください

「こんなこと相談していいのかな」などと悩む必要はありません。
相談料は30分5,000円(但し初回30分は相談料無料)

tel:092-739-7300 WEBからの相談予約
学習会・講演の依頼について
pagetop